リズム現象の研究会 IV

プログラム

>>講演のアブストラクトはこちら
>>ポスターのアブストラクトはこちら

1月23日(金)

13:00 - 13:30 レジストレーション

13:30 - 13:35 Opening remarks 蔵本由紀

13:35 - 14:20 中垣俊之(北海道大・電子研)
イグノーベル賞記念特別講演: あるアメーバの問題解決能力
14:20 - 14:50 重吉康史(近畿大・医)
哺乳類体内時計中枢における脱同期のカタチ

・・・・・・・・・・休 憩・・・・・・・・・・

15:20 - 16:05 大須賀公一(神戸大・工)
受動的ロコモーションにおけるImplicit Control Law
16:05 - 16:35 福田弘和(大阪府立大・生命)
植物における概日時計細胞集団の同期制御

・・・・・・・・・・休 憩・・・・・・・・・・

17:05 - 17:35 岩崎秀雄(早稲田大・理工)
生命リズムのメタファーとイメジャリー
17:35 - 18:00 ポスターショートプレゼンテーション

18:00 - 懇親会

1月24日(土)

10:00 - 10:30 北畑裕之(千葉大・理)
ロウソクの振動に見られる振動・同期現象
10:30 - 11:00 伊藤浩史(お茶大・アカプロ)
試験管内の概日時計の同期

・・・・・・・・・・休 憩・・・・・・・・・・

11:30 - 12:00 青柳富誌生(京大・情報)
周期の揺らぎで重みを付けたスパイクトリガー平均からの位相応答関数の抽出
12:00 - 12:30 郡宏(お茶大・アカプロ)
細胞レベルとシステムレベルの応答をつなぐ

・・・・・・・・・・昼休み・・・・・・・・・・

13:30 - 15:00 ポスタープレゼンテーション

・・・・・・・・・・休 憩・・・・・・・・・・

15:15 - 15:45 西川郁子(立命館・情報)
位相差の制御による交通信号機制御法について
15:45 - 16:15 内田淳史(埼玉大・理工)
レーザにおけるカオス同期とその情報通信応用

・・・・・・・・・・休 憩・・・・・・・・・・

16:30 - 17:00 竹内一将(東京大・理)
カオスの摂動敏感依存性で捉える結合振動子の集団挙動

ポスターセッション

1. 清水 正宏
身体の大きさに依存して遷移するアメーバ型ロボットの適応戦略タイトル
2. 上田 肇一
真正粘菌変形体の移動運動メカニズム
3. 小林 康明
非線形フィードバックによる振動場のパターン制御
4. 田中 久陽
Why do amoebae climb before fly ? Because, ...
5. 梅舘 拓也
原形質量保存則を活用した大自由度アメーバ様ロボットの自律分散制御
6. 渡邉 航
脳・身体・環境間の齟齬に基づく局所フィードバックを活用した自律分散制御
7. 伊達 章
神経振動子場における複数の局在振動(伊達 章,倉田耕治)
8. 飯田 宗徳
Spike Response Modelの位相応答曲線
9. 松本 秀明
真正粘菌変形体結合振動子系に関する位相応答曲線
10. 石松 愛
分節時計における移動波出現のメカニズム
11. 大脇 大
受動歩行・受動走行に内在するリズム現象
12. 小林 亮太
Predicting spike times of any cortical neuron
13. 守田 智
Game Dynamics on Complex Networks: Clustering Effect
14. 西川 功
同期現象の強さが持つ長時間的な揺らぎ
15. 青木 高明
結合強度が変化する位相振動子ネットワークのダイナミクス
16. 大久保 潤
リズムが生み出す現象と幾何学的位相
17. 加納 剛史
Multi-linear feedbackによる同期現象の制御
18. 藤本 仰一
細胞性粘菌の細胞レベルと集団レベルの自己組織化
19. 小谷 潔
脳波位相同期の解析による情動検知
20. 仲矢 史雄
周期的に反転する群体性ホヤの心臓とその血流リズムについて

トップページに戻る